コサージュの材料

コサージュ作りの材料について

コサージュは洋服の胸元に付けるほかにも、帽子やかばんに付けるとアクセントになりおしゃれなものです。
最近は手作りする人が増えており、自分の好みのものを作れることがこうしたハンドメイドの魅力でしょう。
コサージュ作りの材料にもいろいろありますが、リネンやコットン生地を重ね合わせて作る方法が一般的です。
ナチュラルな風合いに仕上げたい時には、きなりやホワイトの生地にアンティーク調のレースやリボンを付けてみましょう。
また布ではなく毛糸で編むコサージュも可愛いものです。
冬場ならふわふわのモヘアでお花のモチーフを何枚か編んで重ねて作ると素敵です。
春夏には、リネン糸やコットン糸で柔らかく編み上げましょう。
コットン糸で編んだモチーフとリネン生地をコラボさせて縫い合わせて作るのも、ナチュラルでおしゃれです。
そのほかに、ビーズやフェルトを材料に使って、作ることもあります。
使う素材によってまた違う雰囲気を楽しむことができます。

手作りコサージュの材料はどうする?

卒業式や入学式、成人式や結婚式など、特別な日には華やかなコサージュを身に付けたいものです。
店頭で買うのもいいですが、せっかくの特別な日に、ハンドメイドのコサージュを付けるのも素敵です。
しかしいざ自分で作るとなると、材料も作り方もよく分からないものです。
材料は大抵、手芸店で揃います。
小さな物やレース、リボン類は100円均一ショップでも手に入りますし、端切れで作れるコサージュもあります。
作り方は、書店のハンドメイドコーナーに行けば、雑誌や書籍が多く発売されていますし、ネットでも検索できます。
針や糸を使わずに作れるものから、本格的な造花やフェイクレザーを使用したもの、ラメスプレーやグルーガンなどを使ったものまで色々な作り方を探すことが出来ます。
気軽に始めたい、すぐに作りたい、卒業制作に使用したいなどの場合には、専用キットも発売しています。
材料はすべて揃った状態で売っているので、誰でも簡単に作ることが出来ます。

Favorite

IWC アクアタイマー 買取
結婚式の招待状作成

2015/7/2 更新