卒業式

卒業式のママスタイルに必須のコサージュ

卒業式シーズンになるとデパートの売り場にも多くのスーツが並びます。
ママ用スーツは一度購入してしまえば、流行も特に気にすることなく何度か着ることが出来ます。
兄弟が何人かいる時には、スーツに合わす小物をアレンジするだけで全く違った雰囲気に仕上がります。
スーツは卒業式の場合はフォーマルな黒を選ぶことが一般的です。
ですから、コサージュだけは明るく華やかなものを選んでみましょう。
特にNGカラーなどはありません。
その時、他の小物と色やテイストを合わせることがお洒落なママのポイントです。
バッグやパンプスと合わせてみる、髪飾りをコサージュと同じテイストにしてみると、統一感があって洗練されたファッションに見えます。
スーツを毎回新調するのにはお金がかかってしまいますが、コサージュは付け変えて他の服でも使えますので、何種類か持っていると便利です。
特に卒業式の後に同じ地域で入学式に参列する予定があるのでしたら、この場合は違うものをつけると尚お洒落度がアップします。

卒業式のコサージュの選び方

卒業生の保護者として出席する卒業式は、服装やマナーになにかと気を使うものです。
黒や紺、グレーなど、入学式と比べると暗い色のスーツを着ることも多く、「少し華やかさに欠けるかしら」と胸元にコサージュを付ける方も多いかと思います。
普段あまり馴染みのないコサージュをどのように選び、また身に付ければいいか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
一般的に卒業式で使われるコサージュは、オーガンジーやアーティフィシャルフラワーといった素材のものです。
ビーズなどを使ったものは華やかすぎるため、布製のものはカジュアルすぎるためNGです。
最近ではプリザーブドフラワーや生花も人気があります。
カラーは赤や紫などの濃すぎる色を避け、ピンクや白、イエローなど柔らかな色合いのものから選びましょう。
ご両親揃って出席する場合には、お父様のチーフと色を揃えると素敵です。
付ける位置は左胸が一般的です。
襟のあるジャケットの場合は襟部分、ない場合には身ごろに留めます。

check

最終更新日:2017/2/2